便秘の原因

便秘とは、3日以上排便がなかったり、便が硬くて量も少なかったりする状態のことを言います。
特に女性に多い症状です。
便秘はどうして起きるのでしょうか。

便秘で最も多いのが弛緩性便秘です。
弛緩性便秘は、ぜん動運動が鈍くなり便が大腸内に長くとどまってしまうものです。
さらに、水分が過剰に吸収され、便が硬くなります。
女性や高齢者に多いタイプです。
運動不足、水分不足、食物繊維の不足、ダイエットが誘引になります。

けいれん性便秘は、副交感神経が過度に興奮し腸管が緊張しすぎて便がうまく運ばれないものです。
その結果、便はウサギの糞のように小さくコロコロしたものになります。
便秘と下痢を繰り返すこともあります。
精神的なストレスが原因であることが多いようです。

直腸性便秘は、便が直腸に到達しても排便反射が起きないものです。
この結果、便が直腸に長く停滞してしまいます。
排便の習慣がない方に多く、高齢者や寝たきりの人によく見られるタイプです。

器質性便秘は、イレウス、大腸がんなどの器質的な原因で起きるタイプです。
便秘以外に嘔吐や血便、激しい腹痛がある場合は、すぐに病院に行きましょう。

この他、薬剤の副作用で便秘が起きることもあります。
例えば、鎮咳剤は、腸のぜん動運動を抑止してしまいます。
向精神薬は消化管の緊張を低下させてしまいます。
降圧剤は、消化運動を低下させてしまいます。
このように、薬剤によって便秘になってしまった場合は、医者や薬剤師に相談するようにしましょう。


≪管理人特選サイト≫
便秘改善に効果があると言われているオリゴ糖の通販サイトです...便秘 改善

Copyright © 2014 便秘の豆知識 All Rights Reserved.